Top about this site Profile BBS Mail Link
トランペット奮闘日記 トランペットのしくみ 音楽りろん講座 所有楽器の間 blog




2012年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
back next

<< 日記index >>


トランペットの音域表


2012年6月4日
BOBBY SHEW-JAZZ強化月間



YAMAHA ALLEN VIZZUTTI強化月間を始めてから2週間、どうやら自分には使いこなせないという判断をせねばならないようです・・・

試奏室でYAMAHA ALLEN VIZZUTTIとBOBBY SHEW-JAZZを約10分ほど試奏させてもらっているときに私の頭の中では、
ALLEN VIZZUTTI > BOBBY SHEW-JAZZ > Bach3C
というふうな式図が出来上がっていました。それは自分の中では本当に衝撃的なことでした。

YAMAHA ALLEN VIZZUTTIはその時、衝撃的なサウンドと吹きやすさを感じました。おそらくリムの頂点が真ん中ではなく若干内側になっているよう。そして、外側に向けなだらかに低くなっていくような形状。

その独特な感触ため、リムの輪郭を見失うことがないと感じた。とにかく軽く吹けて、シャローカップ特有のワイルドなサウンド。Schilke14A4aや13A4aを初めて試奏した時の興奮が蘇ってきました。

そうすると、YAMAHA ALLEN VIZZUTTIが今流行りのあの口調でこう語りかけてきました・・・

「どうだ〜い、オレのサウンド〜?ワイルドだろ〜、んん〜??」

すると、私はすかさず「うん、すごくワイルド!やっぱシャローカップは最高!!」と右腕を振り上げ答えたのでした(笑)。(※ヴィッズッティ氏ご本人はそんな言い方はしないと思います。^^;)

反応もメチャ早く、高音&バカテクのキーワードを連想させてくれるこのマウスピース、試してみたいと思いました。

しかし、YAMAHA ALLEN VIZZUTTI強化月間を始めてから日に日に吹きにくくなってくる・・・それでも、8日目あたりからマッピ筋が出来上がってきたのかハイ・ド以上も出せるようになりました。

でも、あの試奏した時とは全然違う感じなのです。かなり押し付けないといけない。ミドル・ソまでは軽く吹けるのに、それより上になると出しにくい・・・しかし、ハイ・ソ以上はけっこう当てやすくなる。

私がよく使う”なんちゃってダブル・ハイ・ド”という表現の”なんちゃって”という定義は「その音自体は鳴っているがピストンを押しても音程の変化が起きない状態」ということです。

YAMAHA ALLEN VIZZUTTIでは”なんちゃってダブル・ハイ・ド”と思っていたのにピストンを押すと音程変化が??(@o@;)

そうそれは、”なんちゃって”ではない”ダブル・ハイ・ド”。何度か成功することもできました。それで、そのままハイ・ドまで下がってみたのです。

すると、そのサウンドは下から上がってくるハイ・ドとは違う浅い音だったのです・・・

これは絶望感に似た衝撃でした。

トランペットを始めてから5年と3ヶ月。自分の中では「あの音を出す時には唇はこうマウスピースに押し付ける」というイメージが出来上がっています。

そもそも、ハイノート・ヒッターと称されるプレーヤー達が音を出す時のイメージの根本的なコンセプトが自分とは全く違っているのかもしれません。

私がトランペットを吹くときは「上唇の先端をカップ内側のエッジにフックさせる」というようなイメージです。

しかし、今まで試したことのあるハイノート・ヒッター用とされているマウスピース、マイク・バックス・モデルのSchilke13A4a、ビル・チェイスSchilke6A4a、エリック宮城氏のYAMAHA EM1&EM2等々。

これらはリムのエッジがなだらかすぎて上唇の先端をカップの内側にフックさせにくく自分にはうまく使いこなせませんでした。

(メイナード・ファーガソン・モデルのJET TONE MFを試奏したときの「唇をカップに突っ込む」感覚。それらなんだかいけそうな気もするのですが・・・)

ただ、YAMAHA ALLEN VIZZUTTIでは「フックさせる」という感覚が得られました。「もしかして、このマウスピースなら自分でも使いこなせるのではないか?」と大いなる期待感を持ちました。

しかし、このマウスピースでもハイ音域を鳴らそうとするときはアンブッシュアの変換という切り替えが必要になってしまうのかもしれません。

そこで私は思ったのです。

「ini-Tよ、おまえはハイノート・ヒッターになりたいのか?」、と。

是が非でもハイノート・ヒッターになりたいのならば抜本的に今の自分のアンブッシュアのイメージの変更と改革をする必要があると思います。

でも、「先端フック」という簡略的なイメージを培ったからこそ自分はトランペットを続けてこれた。そのイメージで吹くからこそフレーズに専念できた。

それを覆してまで、たとえ高音域が楽に出せても自分にとって楽しいのだろうか?とも思うのです。基本的に私は何も考えず唇にマウスピースをあてて吹くことが理想と思っているのです。

どこかの音からアンブッシュアの変換を用いてダブル・ハイ・ドまで使える様になるより、下からの同じアンブッシュアでハイ・ソあたりまで使える様になる方が自分には理想的なのではないか?

それを叶えてくれるのではないかと感じさせてくれたのがYAMAHA BOBBY SHEW-JAZZだったのです。

本日より、強化月間を開始してみたいと思います。





2012年6月11日
ALLEN VIZZUTTIでのハイトーン



この一週間、YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZだけを使っています。調子はすこぶる良い感じです。

もしかして、これこそ自分の唇にもっとも適したマウスピースなのかもしれないと思わせる吹きやすさと可能性を感じています。

そんな反面、ときどき何かを見失ってしまう感覚もあり。もうすこし様子を見てみたいと思います。

とりあえずやっておきたかったこと、それはYAMAHA
ALLEN VIZZUTTIでの録音です。今日、一週間ぶりにに吹いてみました。

やはり、ミドル・ソまでは吹きやすいのにラ以上はいきなり出にくくなる。しかし、ハイ・ミあたりから上は当てやすくなる。

自分的には、このマウスピースではミドル・ラあたりからアンブッシュアの変換が必要とされると思ったりするのですが見通しが立てられません。やっぱり無理なのかもしれません。

でも、高音は出しやすい。そこで、このマウスピースを使って”なんちゃって”ではないダブル・ハイ・ドをキメてみようとチャレンジしてみました。

課題

YAMAHA ALLEN VIZZUTTIでのダブル・ハイ・ドへの挑戦


使用楽器:XO RV-GB (with chi-chi-song)
使用マウスピース:YAMAHA ALLEN VIZZUTTI

使用マイク:100yenイヤホン

演奏時間:12秒
録音日:2012年6月11日

「”なんちゃって”ではないダブル・ハイ・ドが出せた!
」と言ってもこんな感じですので。f(^^;)

ハイ・ソからダブル・ハイ・ドへと「ソラシドー」と言う感じで演奏したかったのですが、やはり簡単にはいきませんでした。(汗)

ホント、ダブル・ハイ・ドはなかなか当たりにくい。しかし、ダブル・ハイ・ドよりもダブル・ハイ・ド#とレの方が当てやすいんですよねぇ。不思議です。

私は基本的にハイ音域の運指はミドル音域と同じでやっています。でも、ハイ・ソ以上になってくると倍音上、運指なんて関係なくなってしまうのですけどね。そう、それはもうカオス状態。(笑)

最後「レ-ド#〜ド〜シ-レ-ド#-ド-シ-ド〜」と変化していますがピストンは何も押していない状態で変化しています。だだ必死でダブル・ハイ・ドに留めておこうとしていただけなのです。

(気分的には「釣りキチ三平」で大物を釣り上げようとする時とき、最終的には主人公たちが川に飛び込み体ごと魚に抱きつき動きを止めようとしているのに近い感覚なのではないかと思いました。^^;)

もしかすると、ハイ・ソ以上はより鳴らしやすい別の運指を見つける必要がある気もしますね。そのへんはまだまだ研究の余地がありそうです。

ちなみに、このマウスピースをもってしても出せた最高音はダブル・ハイ・ミまででした。この音が自分のイメージで出せる高音の限界点なのかもしれません。

でも、ハイトーンの吹き方が2010年8月15日に録音したときよりは自分的にはだいぶ変わりましたね。あの時は力づくのかなり変なアンブッシュアだったと思います。(^^;)

高音域を出そうとするときでは”力”だけではなく”技”
というか”コツ”のような要素の割合もかなり必要になってくる気がします。

また、それは自分以外の他人にはうまく説明できないことでもあります。これまたトランペットと言う楽器の難しいところなのでしょうね。

自分的にトランペットで高音を吹くときのイメージは、裁縫で縫い針に糸を通そうとする場合に例えるならば、ロー・ドなら1cmの穴。ミドル・ドなら5mm。このぐらいなら簡単に通せます。

ハイ・ドなら0.5mmぐらいで、このあたりから”濡らしてねじる”とかの何か”コツ”のようなものが必要になってくると思います。

そして、ダブル・ハイ・ドなら0.01mm・・・これぐらいになると、もはや糸の太さより狭い。(^^;)

しかし、この針に糸を通せたのならば「一体、どうやって!?イッツァ、イリュージョン!!」とスタンディング・オベーションが起こることでしょう。(笑)

う〜ん、必死でYAMAHA ALLEN VIZZUTTIを吹いたらBOBBY SHEW-JAZZの調子が悪くなってしまった・・・どうやら、併用はできないようです。

「YAMAHA ALLEN VIZZUTTI、ありがとう!
いい夢見させてもらったよ・・・あばよ!!」


と、私は柳沢慎吾氏風に笑顔でヴィッズッティ・モデルに別れを告げYAMAHA BOBBY SHEW-JAZZ
強化月間を継続するのであった。
(涙は見せないぜぇ・・・)


せっかくなので記念写真。
う〜ん、金リムかっちょいい!



2012年6月18日
絶不調状態に・・・



YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZ強化月間を開始して13日目、今まで絶好調だったのに昨日から突然絶不調状態に・・・

ミドル・ラ以上がとても鳴らしにくくなってしまったのです。何か音のイメージと口の筋肉が噛み合っていないというか、ちぐはぐになっているような。

これは、もしかしてBOBBY SHEW-JAZZ用のマッピ筋がブランニューで再構築され始めているというのだろうか?なんか、そういう気もしないではない。

でも、そうなると「今さら作り直さなくてもいいや〜ん。あんなに吹きやすかったのにぃ〜本採用決定間近だったのですよ!?もう、まいっちんぐ〜!!」と思ってしまう・・・(どういうキャラ設定?^^;)

このマウスピースに今まで感じたことのない吹きやすさを感じたのは確か。それを信じてもう少し様子を見てみたいと思います。

マウスピース一つで日々一喜一憂しているアラフォー男子なのでした。(笑)





2012年6月25日
一喜一憂



YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZ強化月間を始めてまさにこのタイトルのような日々。

「やった、つかんだ!!これは、本採用決定か!?」
「今日はやけにハイ・ドが出にくいなぁ・・・」
「うん、やっぱり吹きやすい!通常アンブッシュアでハイ・ファまではいける!!」
「・・・。やはり、ムリなのか・・・」
「吟じます。それでもまだ〜いけそうな気がする〜!」
(^^;)

日によっては本採用決定と思える時もあるのに何かを見失うこともある・・・だからといって、すぐに「やっぱり、自分には合っていなかった」と簡単に割り切れないものを感じているのです。

今日、久々にBach3Cを吹いてみました。ALLEN
VIZZUTTI強化月間を始めたら吹きにくくなってしまったと思ってしまったのですが、今日は以前のように普通に吹ける。

Bach3Cは、やはり2年以上使い続けてきた実績もあり安定感を感じる。BOBBY SHEW-JAZZでは日ごとにかなりムラがある。でも、何かBach3Cにはない可能性を感じているのです。

現在使えるのではないかと思っている”強制的出音奏法”を取り入れればハイ・ラぐらいまでは実用音域として使えるのではないかと思っているのです。”なんちゃってダブル・ハイ・ド”も当てやすい。(何れ、これらの録音をしてみたいとは思っています)

私の場合、トランペットの調子が悪いというときは、まず唇の表面の”ふやけ”が原因であると断定できています。

例年、気温が上がってくる季節になるとリップ・サーフィス・コントロールあらため、フヤケ・コントロールがうまくいかなくなるのです。Bach3Cでも夏場は調子が悪くなる日も多々ありました。

最近、なんだか下唇のフヤケがうまくリムーブできない。もし、これが取れたらBOBBY SHEW-JAZZの調子も良くなると思うのですが・・・でも、それが原因ではないのか?

ホント、トランペットとは繊細過ぎて難しい楽器ですねぇ・・・”生身”というのを感じます。

もう少し様子を見てみたいと思います。







BACK   <<    2012-06   >>   NEXT
inserted by FC2 system