Top about this site Profile BBS Mail Link
トランペット奮闘日記 トランペットのしくみ 音楽りろん講座 所有楽器の間 blog




2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
 
back next

<< 日記index >>


トランペットの音域表


2012年10月2日
最終秘奥義「改造」、その果てに・・・



写真までとって準備していたのにすっかり載せ忘れていたことがありました。

それは、「YAMAHA ALLEN VIZZUTTIを試奏しにいかねば!」という動機を私に強く与えた出来事でした。

5月21日、YAMAHA ALLEN VIZZUTTIに結構興味を抱いてしまっていたのですが、それでも自分の中ではBACH 3Cほど自分の唇に合うマウスピースはもうないのだろうと思っていました。

「わざわざ、試奏しに行っても無駄足になる確率が高い。」、そんな気がしていました。

そこで常々ぼんやりとは考えていた試みをしてみようと思い立ちました。

それは、禁断の最終秘奥義「マッピの改造!」です。

BACH 3Cは口に合うといっても高音域は出しやすいとは言えない。それはカップが深いからで浅くさえすればそれはもう自分にとって最強のマウスピースになるだろうと思っていたのです。

「よし、今日こそ実証させてみせる!これが成功すればもうYAMAHA ALLEN VIZZUTTIなど試す必要はないのだ!」

まあ、ようするにBACH 3Cのカップを浅くしてみようということです。かんたんに加工、変形出来る素材として思いついていたのはロウソクです。

融点は60℃ぐらいで固体でも爪で削れる素材。最悪失敗しても綺麗に取り除けるので実験レベルならまさに打って付けじゃあ〜りませんか!(笑)

これによって吹きやすい深さが判ったのならマウスピースをオーダーメイドで加工してくれる工房に依頼して”ini-T モデル・マウスピース”でも作ってもらおうかと考えていました。

そのときの心境は”北斗の拳”の次回予告風に表現すれば、
”ラッパの拳”、次回予告!
「禁断の最終秘奥義、その名も”マッピの改造”!
BACH3Cよ、お前の真の可能性を見せてみろ!!」
という気分でした。(^^;)

とにかく、その日その試みによって何か大きな可能性を得られるだろうと信じて疑いませんでした。

では、レシピの紹介です。(笑)
左からロウソク、菜箸、マッピ、アルミホイルで即席に作った注入カップ、ラジオペンチ、強力な半田ゴテ。
まず、ロウソクを折って3欠片ぐらいを注入カップに乗せる(実際はこれでも多すぎました)。ロウを注ぎやすいように先端を鋭角にしておきました。
そして、半田ゴテに乗せ熱する。
マッピを立て菜箸でマッピのスロートを塞いで準備しておきます。(画像の白いのは以前即席で作ったマッピを9本まで立てておけるマッピスタンドです。雑な作りですが結構実用性あります。^^;)
そうこうしているうちに、ロウソクがすっかり溶けて透明な液体と化しています。
すかさず、ラジオペンチで注入カップをつまんでマッピのカップにロウを注ぎ込む!

この時「お前もロウ人形にしてやろうか!?」と唱えるのを忘れないようにしましょう。(冗談です。^^;)

みるみる白く固まっていきます。
そして、浅さ5mmほどの超ベリーシャローカップが完成しました。

さすがに、このままではロウに触れてしまうので唇は全く振動しません。
それで、いろいろ吹きやすい深さを見つけるべく指にティッシュをかぶせマッピを回転させながら削っては吹いてを繰り返していきました。

でも、なんだか繰り返していくたびに当初抱いていた思惑が見事に裏切られていく感覚が大きくなっていったのです・・・

「Bach3Cのリム形状でカップさえもう少し浅かったらそれはもうハイノート・プレーヤーにもなれるかもしれない!」

しかし、カップがいつもより浅いはずなのに吹きやすさも音域も通常のカップと大して変わらなかったのです。(おそらく、ロウだからというわけでもないと思います。)

そういえば、3Cより浅い3D、3Eもたいして高音が出やすくなるわけではなかった。7Eも10-1/2のDもE
もCカップより劇的に吹きやすくなったという感想は持てなかった。

ならVカップなら何か変化を感じられるのではないかと幻のBACH 3SVを試みてみました。
ギターのドロップ型ピックをグリグリ回して削ってみました。

結果は・・・何かが向上した感覚はありませんでした。

それで認識したのは「カップがただ浅ければ高音が出やすくなる」というわけではないということ。

きっと、スロートやバックボアの形状も無視できない大きな要因となっているのだと痛感しました。

それで、私はムックのように「あわわ、あわわ!」とあわてふためいて「あのマッピが売れてしまわないうちに試しに行かないと!」と、着の身着のまま愛用のRV-GBを抱え楽器屋に向かったのでした。(笑)

結果的にはVIZZUTTIではなくBOBBY SHEWモデルを使うことになったのですが、あの日この禁断の秘奥義を試さなかったらBOBBY SHEW-JAZZの真の可能性すら見過ごすところでした。


しっかし、10月に入っても30℃を超えるなんて反則ですね。昨日もなんだか汗だくでした。でも、今日は日が落ちてからはひんやりしてきましたね。もういい加減に秋になってもらいたいですね。

じつは私、今月中に引越しをする予定になってましていろいろとその準備のために最近はトランペットの練習はなおざりぎみです・・・

月末には引越し先で落ち着いているとは思うのですが久々の引越し準備はなかなか大変です。とにかくまずは断捨離あるのみですな。






2012年10月10日
断捨離



「断捨離」、”不要なものを断ち、捨て、執着から離れることを目指す整理法”(Yahoo!辞書より引用)。

なにより、この言葉の響きは矢井田瞳風に「ダンシャリ〜♪」と口ずさみたくなりますね。(笑)

とにかく、ここ1ヶ月ほどは引越しに向けて断捨離あるのみでした。まず、断捨離のターゲットのメインはCDと本でしょう。

しかし、捨てたいのは内容ではなく質量なのです。

「いつか聴くかもしれない、読み返すかもしれない。」しかし、何年も聴かないし読み返してもいない。そんな存在のためにスペースを取られ、いざ引っ越すときは移動させるときに結構な重労働をせざるを得ない。

でも、内容が無質量で保管できるのならば、そりゃあお金を払って手に入れた代物でありますし、できたらとりあえず保管はしておきたい。

やはり、ここは今流行りの電子化を決行するチャンスだと思いました。とりあえず、全部電子データ化して売れるものは売る、売れないものは処分するという方向で。

CDは以前一度まとめて中古買取店で処分したことはあるのですがそれでもまだシングル、アルバム合わせて300枚ぐらいは残ってました。とりあえず、すべてmp3化して処分する方向に。

近くの中古買取店ではレンタル店の処分品や昔の8cmシングルは買取不可みたいでした。ジャズやフージョン系とお気に入りは残して、買い取って貰えそうなCDをピックアップしてみたら110枚。

(ほぼすべてJ-Pops。今ではほとんど聴かなくなりましたが以前は歌ものもよく聴いていました。)

持ち込んだら¥3,500でした。これが現実。まあ、妥当でなのでしょうか。残りは燃えないゴミに。
(ナムアミダブツ・・・)

本の方は、以前かなり苦労して大量に持ち込んだ割に何百円にしかならなかった経験があり、運ぶ労力を考えれば電子書籍化してから古紙リサイクルに出した方がいいと思いました。

とりあえず、手持ちの一般的なフラットベッド型スキャナで読み込むことに。断裁は素手でワイルドに引き裂いてやったぜぇ〜!(^^;)

しかし、思った以上に時間がかりまっする・・・。一枚一枚破ってスキャンしていく手段では、不慣れもあり100ページほど取り込むのに3時間ほどかかりました・・・

2冊取り込んで約6時間・・・カラーボックス12個分にギュウギュウと詰められている本や雑誌を見てこのペースではとても年内に終わる気がしないと悟りました。(-"-;)

以前、TVでやっていた「電子書籍化」の特集で観た
”両面スキャナー”の存在を思い出しました。しかし、けつこう値が張る代物ですね・・・

それでも、迫り来る引越し予定日と普通のスキャナーでは実行不可能に近いと分かったことで実験的に購入してみることにしました。

価格.comで検討してみてFujitsu社のS1500を最安値だったamazonで送料込み¥33,800で購入。


Fujitus ScanSnap S1500

開くとなんだか近未来メカっぽい?
さっそく、使ってみるとボタン一つ押すだけですべてオートマチック!読み込み速度がすげ〜速い!!
(@o@;)

200ページ程を約8分ぐらいで読み込んでしまいました。これは3万出しても買う価値があったと思えましたね。

しかし、今度は断裁の効率が追いつかなくなってきました。一枚一枚「ワイルドだろぉ〜、んん〜?」と言いながら破っている作業が気後れするようになっていました。(嘘です、いちいち言ってません。f^^;)

「電子書籍化」の特集では断裁機というものも使ってやっていました。やはり、必要かもしれないと近くのホームセンターに行ってみると1万円以上でした。

そんなに日常的に使うものではないし躊躇する。でも、この作業を始めてから5〜6千円ぐらいなら出してもいいとは思えてました。

ヤフオクで送料込みで新品¥5,700というのを見つけ注文してみました。届いてみると思ったよりメッチャ重くてデカくてビックリ。

そのうえ、まっすぐセットすると何故か斜めに断裁されてしまう・・・(Made in Chinaだから?しかし、そのリスクを背負ってでもその価格は魅力的。)

クセを掴んでしまえば作業効率は捗るはかどる。とにかく、斬って斬って斬りまくる!(もはや職人芸的感覚。^^;)

しかし、大体50冊ぐらい断裁すると切れ味が悪くなってくるのです。そんな時は刃を外して砥石で研いで切れ味を取り戻させるのです。(私、そういう作業は嫌いではありません)

初めは包丁のように刃を持って研いでいましたが、ここまでデカく重くぶ厚い刃の場合は刃の方を置いて砥石を手で持って研いだほうが効率いいですね。

気を取り戻して斬って取り込んでを繰り返す。

断裁した本の約30冊分ほどでこれだけ積み上げら
れます(^^;)
こんな感じでいつ終わるかとも思えた電子書籍化の日々でしたが本日終了しました。(終わりにしました)

ものすごい散らかりようでしたが、この作業を終えるまで掃除しても意味のないこと。今日、2週間振りに掃除機をかけることができました。(笑)

一体、何冊分電子書籍化したのか確認したら358冊分でした。見ると本棚はすっきり。これで4分の1ぐらいまでは減らせたよう。これなら、ダンボール4箱ぐらいで済みそうです、ホっ。

燃えないゴミもここ4週間で30袋分ぐらい出しましたね。今日が引越し前の最後の燃えないゴミの日でした。なんとか間に合った。

あとは、マウスピースです。もう使うことはないだろうと思っているマウスピースをスーパーに行くついでに楽器屋さんに持ち込んでちょっと査定してもらったのです。

とりあえず、Bachの3B、3E、3D、7Eの4本。シャンク傷もない、ほぼ新品同様の品物。これがそれなりのお値段が付けばもう使わないものは全部処分してもいいかなとも思っていました。

しかし、一本¥600とのこと・・・

Bachの現行ラインナップ品では未使用で封を切っていない状態のものでも最高買取価格は¥800だそうでまだ高値の方と告げられました。

一本一本それなりに思い入れのあった代物。トランペットのマウスピースはそれほど場所も取らず質量もあるものでもない。一本数百円にしかならないというのであれば、コレクターとして眺めている価値の方が上回るような気もして売らないことに決めました。





2012年10月21日
散歩



大学入学を機に千葉に越してきてもう20年近くになります。ホント、千葉ってなんか丁度いい都会なのですよね。

なんといっても、千葉から東京まで総武線の快速の停まる駅周辺にはそれなりの規模の楽器屋が2、3店はあって学生時代は毎日のように通ってましたね。懐かしい。

人生の半分ぐらいを千葉でくらし、私にとってはもうすでに故郷のような場所。きっとここに永住するのだろうと思ってました。

しかしこの度、東北の親の住んでいる家へ同居すべく千葉を離れることになりました。親元を離れて約20年、両親もそれなりの年齢。もう、父親の世話を母親一人にさせるわけにいかないと決心いたしました。

今度引っ越す所は生家ではなく震災後に引っ越した新天地。どうなるんでしょう、全然予想もできない状況です。

新幹線が停まる町ではありますがそれなりの規模の楽器店に行くには北へも南へも新幹線で約40分ぐらいだそうです。ちょっとふらりと楽器店に立ち寄って掘り出し物を見つけるという事は出来なそうですね。

でも、今はネットが普及し通販を活用すればあんまり都会と地方の差は無いように思ってます。まず、地方で生まれ育った私の20年前には考えられなかったことですよね。

今日は千葉に住んでいた自分へのメモリアルとして住居近くの散歩の模様でも載せてみたいと思います。
千葉公園、徒歩一分。今の住まいに越す前も徒歩3分ぐらいでした。
池を挟んで千葉駅方向を眺めた光景。鴨とかアヒルとか水鳥がいつも漂っているのですよね。
こんな自然を感じれる場所に並行するように存在するメカニカルな建造物。やっぱり、千葉市で目立つものといえばモノレール。
千葉駅入り口付近のモノレール。20年程前からこの光景を眺めるたび「凄いな〜」と感心させられます。

東京駅はもう改装完了しましたが、千葉駅の改装完了を見れなかったことはとても残念です。(改装始めてから長きに渡り、とても狭くなり歩きにくかったのにもかかわらず^^;)
あの曲線部のパーツをどこかで作ってそのまま運んで組み立てるんでしょうけどあんなに巨大なものどうやって作って運んだのか摩訶不思議で興味は尽きません。
これが私の部屋から見る千葉駅方面。この景色がとても好きでした。千葉駅まで徒歩5分、相場より考えられないほどの格安物件でしたがもうお別れです。
かなり久しぶりに押入れからエフェクターケースを引き出して機材等を収納しました。バンドをやっていた頃はこんなものをいつも持ち運んでいたのです。重かった・・・(^^;)

音楽活動をしていた頃の思い出、それは秋葉原という言葉が浮かびますな。

十数年前、女性ボーカルバンドを組んでいた頃の活動拠点は秋葉原でした(まだ、AKB48とか存在していない時代です)。男性ボーカルバンドでラストライブをしたのも秋葉原。

そして、トランペットを始めるきっかけをくれたのも秋葉原。ここから快速を使えば一時間もかからずに行ける場所ですが(錦糸町乗り換え)、今度は新幹線で3時間ぐらいでしょうか。(乗車料金は桁が違いますが^^;)

とりあえず、関東からのこの日記の更新はこれが最後になります。でも、東北へ引っ越してもこのサイトのアドレスは変わりませんので今後もよろしくお願いいたします。m(_ _)m







BACK   <<    2012-10   >>   NEXT
inserted by FC2 system