Top about this site Profile BBS Mail Link
トランペット奮闘日記 トランペットのしくみ 音楽りろん講座 所有楽器の間 blog




2013年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
back next

<< 日記index >>


トランペットの音域表


2013年6月2日
リップトリル、録音



舌改革を始めて約1ヶ月。何かは掴んだようで掴みきれていないリップトリルですが、現時点での録音をしてみることにしました。

公開するほどのレベルではありませんが成長の過程の記録として。(^^;)
 
課題


現時点でのリップトリル


使用楽器:XO RV-GB (with Chi-Chi-Song)
使用マウスピース:YAMAHA EM1

使用マイク:100円イヤホン(DAISO-G051)

演奏時間:23秒
録音日:2013年6月2日
はじめにミドル・ミとソ間、次にソとシ♭間、次にシ♭とハイ・ド間、ラストはハイ・ドとレ間と4つ試みてみました。

今回はチーチーソングを装着して録音しましたが、正直言うとミュートを付けない方が掛かりやすいのです。しかし、まだ一回で完璧に出来るレベルではないので自宅でミュート無しでこの録音をするのは近所迷惑かなと思ってミュートを付けての録音となりました。

やはり、今後ミュート無しで思いっきり吹いて練習できる環境がないとキビしいと思い貸しスタジオを探してみたら近所にあることを知りました。

そうだったんだ、何度もそのお店の前を通ったことがあるのに全然気が付きませんでした。今度、行ってみようかなとか考えてます。






2013年6月9日
ブログ、始めました



去年、NewPCを購入してから密かに「PCの間」を更新し続けていたのですが記事が増えてきてしまい、この際いろんな事を統合させてブログというものでやってみようかなと考えました。

「PCの間」の記事はすでにブログの方へ移行してあります。公開するタイミングが見つからなかったのですが本日公開することにしました。あと、「PCの間」は本日閉鎖しました。

PCやCG関連のこと、トランペットを始める前からやっていた楽器のこと、また日常の何気ないことなどトランペット関連ではない話題はそちらで綴ってみようかなと思います。よかったら覗いてみてください。
ini-T MUSIC SKY [blog]
http://initmusic.blog.fc2.com/
上記タブの[blog]からも入れます。

トランペット奮闘日記は自分と同様にトランペットに興味を持っている人が見てくれたらいいなと始めた日記です。トランペットに関係ない話は極力書かないようにしていました。

トランペットを始めてもう7年目、未だに奮闘っぷりでも続けられていることには自分でも驚いてます。書くことが尽きない以上、まだまだ奮闘日記は続きますのでよろしくお願いします。m(_ _)m






2013年6月16日
これまでの高音の出し方



現在、トランペットで通常音域を吹くときには舌を下歯に付けて吹くのが当たり前のようになりました。

しかし、ハイ・ド以上になってくると自然と舌が離れてしまいます。今のところ高音域では舌を浮かせた状態の方が出しやすいんですよねぇ。

4月の記事で「ベルヌーイの定理」のイメージ画を作成した時に、舌を浮かせた状態で吹くのもある意味「ベルヌーイの定理」を使っているのかもしれないと思いました。

「ベルヌーイの定理」のイメージ図、再び
自分が高音を出す際にやっていることは、出来るだけ口内の体積が大きくなるようにしている感じです。
上の図で例えると、真ん中が口内で右の狭いところが唇にあたります。

舌には何か力が入っているようですが、どうやら出来るだけその舌の体積を小さくするため縮ませているのかも知れません。

それで、息の通り道を広げて圧力を上げ、とても狭くなっているアバチュアへ一気に押し通して息のスピードを上げる、自分なりに解説するとこういう感じでしょうか?

一応、今までこの吹き方でも出すだけならダブル・ハイ・ミまでは出すことは出来ました。(ただ、それ以上はどう頑張ってもまず無理でした)

舌を浮かせて吹くのも間違いではないかとは思います(自分中では)。とは言っても、やはり舌を使って出す方法もまだ諦めてはいません。舌を使った方がハイ・ソより上はコントロールしやすくなるイメージはあるんですよね。

これはもう少し時間がかかりそうですが気長に研究して行きたいと思います。








BACK   <<    2013-06   >>   NEXT
inserted by FC2 system