Top about this site Profile BBS Mail Link
トランペット奮闘日記 トランペットのしくみ 音楽りろん講座 所有楽器の間 blog




2014年7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
back next


<< 日記index >>


トランペットの音域表


2014年7月31日
EM1は中級者以上向け?



何だかんだ言って最近はYAMAHA EM1しか使っていませんね。やはり、吹きやすいのでそうなってしまうようです。

EM1は今の自分にとって理想的なぐらい吹きやすいです。しかし、だからといってこのマウスピースはトランペットの初心者でも吹きやすいかといえばそうも思えません。

エリック宮城モデルのEM1といえばやはりハイトーンが出しやすいというイメージが強いと思います。確かに高音は出しやすくなると思います。

しかし、その出しやすさと言うのは「今までどんなマウスピースを使ってもミドル・ソも出せなかったのにエリックモデルを使ったらダブルハイCが楽々出せるようになった!」という性質のものではありません。

プロ、セミプロでもEM1を使うプレーヤーは多いと思います。でも、多くは始めからというより結果的にEM1に辿り着いたという感じだと思います。

ハイトーンというのは、鳴らすだけならおそらくどんなマウスピースを使っても出せるものだと思います(中庸なカップでもハイ・ソあたりまでは出せるはずです)。しかし、高音を吹き続けるにはどんなマウスピースでもとはいかない。

EM1というのは中高音を吹き続けるのに最適化されている形状のマウスピースなのだと思います。それゆえ、高音は得意なのに持続力が足りないと思っているプレーヤーにはとてもありがたがられる。

通常のマウスピース(Bachの中庸なカップ等)は低音域が鳴らしやすい形状なのです。そのロー音域用のアンブッシュアからミドル、ハイ音域へ移行して行かねばなりません。それは簡単なようでかなりキツイことは理解できると思います。

EM1が一般的なマウスピースと根本的に違っていると思われるのは、まず中高音域が鳴らしやすいアンブシュアでセッティングされ、ロー音域はそこから極力そのアンブッシュアを崩さずにロー音域用のアンブッシュアを作れるという感覚でしょうか。なので、ローからハイ音域までスムーズに移行できるのです。

それゆえ、EM1は自分なりの高音を鳴らすイメージが出来上がっているプレーヤーにはとてもありがたいマウスピースとなってくれますが、そうではないプレーヤーには吹きにくいマウスピースと感じるかもしれませんね。

トランペットでまず大事なのは音を鳴らせるようになることです。小口径で浅いものより、大きめで深めのカップのマウスピースの方が音は出しやすいです。 初心者がEM1を使って吹こうとしても音は出しにくいだろうと思われます。

(始めからYAMAHA YTR-8340EMを購入して付属のEM1を使い続けているという方もいるかもしれませんが)

そうなると、まず大きめ(一般的)で深め(中庸)のカップのマウスピースを使って音が出せるようになって、高音も出せるようになってからという手順を踏まないといけないかもしれませんね。

そうなると、やはりYAMAHA EM1は中級者以上向けなのかもしれません。

そういえば、EM1では小さいと感じる人向けにEM2というのもありますが、こちらはEM1とはまるで別物という感じがしましたね。エリック氏がEM2も使っているというのなら話が変わりますけどね。








BACK   <<    2014-07   >>   NEXT
inserted by FC2 system