Top about this site Profile BBS Mail Link
トランペット奮闘日記 トランペットのしくみ 音楽りろん講座 所有楽器の間 blog




2008年4月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 
back next

<< 日記index >>


トランペットの音域表


2008年4月5日〜前編〜
ギターのようにトランペットを吹きたい!



Bach10-1/2C、こんなに吹きやすいモノだったんだと一年ぶりに戻ってきて驚く。これをメインにしてもいいと思える。

しかしやはりCカップ、実用的ハイトーンはハイ・レまで。一度はハイ・ソまで鳴らせるようになったのにここで妥協していいのだろうか?

もそっとハイトーンの可能性が欲すい。やはり欲は捨てられない。もう少し浅いとどうなんだろう?

最近切に思うのは、
「ギターを弾く感覚でトランペットを吹きたい」
ということだ。

わたしはもうだいぶ長くギターをやっていてアドリブやソルフェージュを考えるときギターの指板で考えるぐらいギター思考になっている。

エレキギターというのは4オクターブの音域を平均的に鳴らせる(もちろん高音と低音では指にかかる圧力は違うがトランペットの比ではない)。

ギターを弾いているときは使える音を疑問なく使うことが出来るのでフレーズに専念できる。

トランペットを吹くときは高音を鳴らそうとするときある意味覚悟を決めて試みる。フレーズの前に音が出るかどうかに気をとられる。出るかどうか一か八かなのだ。

トランペットは出せて3オクターブぐらい(メイナード・ファーガソンなら4オクターブ以上だがそれは抜きとして^^;)、しかも高音にいくにつれて急激に鳴らしにくくなる。

トランペットをギターを弾いているときの感覚に近づけるためには広い音域をできるだけ均一に近い音圧で吹けるマウスピースが必要であるのだ。

低音と高音を吹くときのそのギャップが問題なのだ。

例えばギターでイングヴェイ・マルムスティーンをコピーしようするとき弦高が高く、太いゲージのフォークギターでは演奏不可能だ。やはり弦高の低い、細いゲージのエレキギターを使うべきなのだ。

トランペットをギターで例えるならカップの深さが弦高、カップの大きさが弦の太さであろうか。

弦高が低いと弾きやすくなるが響きが失われ、高いと弾きにくくなるが響きは良くなる。弦が太ければ音量が大きくなるが弾きにくくなり、細いと弾きやすくなるが音量は小さくなる。

エリック宮城というブラスをやってる人には超有名なトランペッターがいる。たしか小さくて浅いマウスピースを使っていたはず。

しかし、演奏はまだ聴いたことがない。聴いてみたい。某動画サイトで聴くことができた。

すげぇ、しびれた!小さく浅いマウスピースは音の鳴りが良いはずがないと偏見を持っていた。しかし、高音はもちろん下の音域もバリバリなっている。カッチョいい!

エリック宮城モデル、試してみたい!

御茶ノ水の有名店に在庫があるみたいだ。善は急げで音楽の聖地、御茶ノ水へGo=3


〜後編へと続く〜



2008年4月5日〜後編〜
YAMAHA EM1&Schilke13A4a



お店に到着、さっそくエリック宮城モデルを試奏させてもらいたいと告げるとYAMAHA EM1、あとBEST BRASS、Marcinkiewiczのも出してくれた。3社も出してるんだ。

あとBach10-1/2D、10-1/2Eも出してもらい豪華な試奏室に案内される。あっ、ここ雑誌で見たことがある!

まず、Bach10-1/2Dと10-1/2Eだが意外と10-1/2Cと変わらない気がした。う〜ん。

さて、本題のエリック宮城モデル3本。さすがに小さく浅い。やはり低音は鳴らないが高音はハイ・ファまではでた。練習すれば低音も鳴るようになるかもしれないという感じはした。

ビビっとくる感じではなかったがこの機会を逃すとしばらく変化は期待できないだろう。今はエリック宮城モデルにかけてみるしかない。この店にも当分来ることはないだろうし、一本買ってみよう。

3本とも同じ人物のシグネチャーモデルだけあってそんな差異は感じられなかった。ここは無難にYAMAHA EM1にしておこう、確か御本人もこれを使っているはず。
YAMAHA EM1 エリック宮城モデル
YAMAHA EM1
エリック宮城 モデル
リム内径 16.02mm

帰り道、久しぶりにマイルス好きな店員さんのいるお店に行ってみた。しかし、土日は別店舗勤務になってしまったらしい。寂しくなるなぁ。

他の店員さんに「よかったら試奏どうぞ」と言われ、せっかくなので吹かせてもらうことに。

小さくて浅いものを探していると告げるとJET TONE MF、YAMAHA 日野皓正モデルTH-1、YAMAHA 7A4、Schilke6A4aの4本を出してくれた。それとやはり気になるメガトーンの置いてある中で一番小さいBach 5C MEGATONEもついでに試させてもらうことに。

まず、JET TONE MF。伝説のハイノート・ヒッター、メイナード・ファーガソンモデル。カップはホントに独特・・・(汗)。リムが無いというのか、いきなりVカップというのか。ベーゴマがあったらカチンとはまりそうな(^^;)。

唇をつっこみ吹いてみると一番初めに出た音がハイ・ソ・・・(笑)。やはり、特殊過ぎてこれで慣れてしまうと他のマウスピースでは演奏不能になってしまいそうな気がするのでやめておこう。

次にBach 5C MEGATONE。メガトーンかっちょいい!しかし、大きいというのかリムが薄いのかフィット感は得られない。高音も出にくい。う〜ん、残念。

YAMAHA 日野皓正モデルTH-1。見た目すごいっすね(^^;)。なんだか全然吹けなかった。浅すぎるのか?見た目的にも自分向けではないかも(ギラギラしてますね、なんか)。

次にYAMAHA 7A4。キンキンする感じか。大丈夫といえば大丈夫な感じなのだが、やはりピンとこない。

そして、Schilke6A4a・・・

「おっおお、すっすげえぇっ!」

まさに「ビビっと来た!」と言う表現がピッタリだった。衝撃が走った。

一吹きしただけで心奪われた。なんてワイルドで男前な音なんだ。一瞬でいろんなことが思い浮かんだ。この音は使えると思った。たった一吹きでいろんな可能性を感じさせてくれた。興奮してきた。

人の声で例えればハスキーボイス、ギターで例えるオーバードライブがかかったような音色というのか・・・マウスピースだけでここまで音が変化してしまうなんて。

しかも、ピッチベンドの利き具合はいままで試したことのあるどれよりも深く、広い音域でいける。まるでギターの感覚でいける。こいつはすごいぞ!

シルキーはノーマークだった。シルキーというメーカーは高級でシンホニックで上品なセレブ御用達のメーカーだと勝手にイメージを持っていた。

しかし、このワイルドで不良くささのプンプンする音。もしかしてこの”a”と付くのはこんな音色になるのでは?

はっ、そうだ思い出した!だいぶ前この店でシルキーの14A4aを吹かせてもらったことがあった!あの時は特殊なマウスピースなんだと思った。しかし、今なら素直にその個性を受け入れられる。

「シルキーのaの付く他のも試してみたいんです!ありますか!」あまりのハイテンションっぷりに店員さんは少したじろいでいたが出してくれた。

他はSchilke14A4a、13A4aの2本。14A4aは前はカップ内側に唇が触れたのだが今回は問題なかった。あの頃と吹き方がだいぶ変わったのだろう。

そうだ、この音だ。あのときのファンキーな音がする。しかし、17.0mm。今の自分には大きい、使いこなすのは無理だ。大口径はやめておこう。

13A4aはなんというかぷにゅぷにゅした感じだ(どういう感じだ^^;)。不思議な口当たりだがワイルドさの中にジャルデ1Mのようなプリプリ感も絶妙にブレンドされていて、それでいて舌の上に乗せると瞬く間にとろけ心地よい風に吹かれるような・・・(美味しんぼかい!笑)

悪くない、価格は¥8,000(定価¥9,450)と安くはない。しかし、自分にとってはそれだけの価値は十分あると思う。ゴールは近い。

6A4aと13A4aのどちらかだ。いや13A4aはちょっと大きい気がする。でも慣れればいけるか?どちらも欲しかったが散々迷って13A4a購入を決めた。
Schilke 13A4a マイク・ヴァクス モデル
 Schilke 13A4a
 マイク・ヴァクス モデル
 リム内径 16.76mm
 


2008年4月9日
Schilke 6A4a



やはり2本買うべきだったか・・・もっと吹き比べたい。
そう思いつつなんとなくヤフオクをみたら新品でSchilke6A4aの出展が!なんてタイミングのよさ!!

さっそく入札、¥6,000で落札。定形外だから郵便受けに入ってると思ったら不在連絡表。真夜中、自転車をかっ飛ばして中央郵便局へ=3
Schilke 6A4a ビル・チェイス モデル
Schilke 6A4a
ビル・チェイス モデル
リム内径 15.99mm
おお、ビル・チェイスモデル、カッチョいい!

かなり小さくて浅い。しかし、今の自分だとちゃんと音が出る。人の感覚とは不思議なものだ。きっと二ヶ月前にはとても吹けなかっただろう。

しかし、どこかでこのリムの口当たりになじみがある。そうだ、YAMAHAのと似ている気が・・・

そういえばカップの表示の仕方もシルキーと同じだ。シルキーのを元に作っているということなのだろうか?


 



2008年4月20日
買ってよかった



シルキーの2本とEM1購入は大成功だった。コントロールの自由度と耐久性もよくなった。

今まで何年かかるかと思われた未知な部分に見通しが微かにでも立つように感じてきた。ようやくトランペットを吹けるという喜びを実感できるような感じが湧いてきた。

そしてなにより驚くのはEM1がものすごく口にジャストフィットだということだ。高音も鳴らせるし、今は低音もバリバリ鳴らせる。

おそらくカップの深さが高音と低音の音質を損なわない絶妙さなのだろう。ホントに良いマウスピースだ。しかも、こんなに口にぴったり合うモノは今後も出会わないだろう、と思えるほどだ。

しかし、しかしやっぱり音は断然シルキーなのだ。音もさることながらその独特な吹奏感も癖になる。

EM1は前方に勢いよく飛んで行く感じとすればシルキーは管内にぶつかりまくって楽器全体が鳴る感じだ。楽器を持ってる手にまで振動が伝わってくるような。なにかエスプリを揺さぶされるワイルドな音。たまらんのです。

しかし難点はシルキーのリムがどうも合わず吹きにくいということだ。もしシルキーに出会わなければ確実にEM1をメインで使うことになっただろう。でもシルキーの音に惚れている。なんとか使いたい。

もう少し慣れればいけるか?ダメならEM1がある。ここまできてようやくマウスピース探しの旅も終りが近い気がしてきた。

マウスピースを選ぶとき、まずその音に惚れているというのは助かりますね。多少リムが合わないと感じてもなんとか自分の方がマウスピースに合わせてみようと思うモチベーションが得られるから。

一応吹き比べ録音してみました。


課題曲 オーバー・ザ・レインボー


YAMAHA EM1
Schilke 13A4a
Schilke 6A4a
(6A4aはファイル破損で再生できず・・・あぁあ)

使用楽器:XO RV-GB
録音日:2008年4月20日



2008年4月27日
Schilke 10A4a
〜トランペット1周年記念録音〜



13A4aは大きい気がするが吹きやすくハイ・ソまで出せるようになった。6A4aはロー領域はすごくいい感じなのだが低音はやはり弱いし、意外にも高い音も出にくい。

ハイトーンと言えば小さく浅いマウスピースというイメージがあるが自分の場合、浅くてそれなりの大きさのあるものの方が出やすいみたいだ。

13A4aでもいいのだが、もうちょびっと小さいのも試してみたい。a(ベリータイト・バックボア)の付くシリーズには13A4aと6A4aの間に12A4aと10A4aというのがあるようだ。

12A4aは13A4aと0.05mmしか変わらない。10A4aは16.43mm、試すのならこちらか。また買うのか・・・?いや買うしかない!ゴールは近い!

ダメなら13A4a、そしてEM1もある。これで当分マウスピースを買うことはなくなるだろう。いや、最後にしたい!(いつもそう願って買ってたんですけどね^^;)

ネットの通販で新品で¥5,670というのを見つけた。破格だ!もちろん試奏はできないが大丈夫だろう。おととい注文して昨日大阪から届いた。当たり前だが直接行って買うより早い。ホント便利な世の中になりましたね。

Schilke 10A4a
 Schilke 10A4a
 リム内径 16.43mm
さっそく試すが、いい感じ!当たりだ。13A4aでは得られなかったフィット感がある。それゆえ、13A4aの課題だった高音の耐久性も良さそうだ。

クラシックの曲はどの楽器にとっても練習には最適だ。最近はようやくトランペットが吹けるという感覚をつかんできた感じが出てきたので練習に取り入れたいと考えていた。

何か適当な練習曲はないかと本棚を見たら見つけた、コンコーネ。知っている人もいるかもしれない、声楽用の練習曲集である。

じつはわたくし、高校時代に声楽のレッスンを受けていたことがあった。実音読みで使えるし伴奏も載っている、これは使えると二週間ほど前から練習を始めた。

まだ13A4aではキツかったのだが10A4aではだいぶ楽に演奏できるようになった。買ったばかりだが録音できそうだ。大口径マウスピースを使っていた二ヶ月前には録音に耐え得れない曲だと思う。

VeryShallowカップ&VeryTightバックボアで挑むクラシック。打ち込みは時間がなくアーティキュレーション無しですみません。

1周年目に何か記念録音しようと思ってたのですが絶望の最中だったので出来ませんでした(^^;)。

とりあえず、遅れ馳せながらトランペット1周年記念の演奏ということで!


CONCONE50 No.21(中声用)


使用楽器:XO RV-GB
使用マウスピース:Schilke 10A4a

録音日:2008年4月27日
録音形式:ステレオmp3
CONCONE




BACK   <<    2008-04   >>   NEXT
inserted by FC2 system