Top about this site Profile BBS Mail Link
トランペット奮闘日記 トランペットのしくみ 音楽りろん講座 所有楽器の間 blog




2012年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
back next

<< 日記index >>


トランペットの音域表


2012年4月8日
理想的なスライド・グリス



本日は、現在私が使っているスライド・グリスを紹介したいと思います。
XO RV-GBを使うようになってから長らくセルマーのピンク色の液体のチューニング・スライド・グリスを使っていました。理由は試した中で粘度が一番強いと思ったからでした。

私はトランペットを始めた頃、練習するときベルを下に向けて吹く癖がありました。それでよくチューニング・スライド管が抜けてしまうことがありその予防として粘度の強いグリスを探すことにしました。そこでセルマーのグリスを見つけたのです。

一年半ほど前、セルマーのグリスを塗っていた時に「パキッ」というクラック音が鳴ったのですが大して気にもしてませんでした。

翌日、床にピンク色の液だまりが・・・??

「なんじゃ、こりゃぁあ!!?」(松田優作風に^^;)

はじめ、ホントに何が起きたのかわかりませんでした。どうやら、グリスの容器にはいったヒビから表面張力によって中の液体が出てきてしまったようです。

見た目では、そんな隙間があるように見えなかったのですけど自然の力とは不思議ですねぇ。

とりあえず、新しいグリスを買いに楽器屋さんに行ったらそこにはセルマーのは置いておらず、仕方ないのでYAMAHAのスティック・タイプのを購入しました。(トランペットはYAMAHA YTR-2335しか置いていないようなCDと楽譜がメインのお店です)

一時しのぎのつもりでしたが、手が汚れず使い勝手が良いのでなんだかんだ一年ぐらい使い続けてました。そういえばYTR-4335Gの時もこれを使ってました。(以前は水色の容器でしたよね。いつの間にかデザインが変わってました。)

去年の9月ぐらいだったと思いますがグリスが切れてしまいそうだったので同じ店に買いに行きました。そこで、スティック・タイプの隣にゲル・タイプというのを見つけました。
”YAMAHA SLIDE GREASE GEL”

こんなタイプいつから出ていたのでしょうか?全然知りませんでした。とりあえず試しに購入してみました。

使ってみたところ、それはまさに理想的な強力なグリップ力!セルマーどころではありません。
しかも、手を汚さず塗れるように工夫がされています
。使いやすい!一発で気に入りました。(ちなみに私はまず動かすことが無いので1、3番のスライド管にもこれを塗っています)
スティック・タイプのよりも百円程高いのですが、内容量はスティクは5g、ジェルは12gでグラムあたりで考えれば断然お得。
結局、現在バルブ・オイルとスライド・グリスはどこのお店でも入手可能なYAMAHAものに落ち着いています。

よく、オイルやグリスで音も変わってしまうと聞きますね。仮に、あまり一般的ではないグリスやオイルを気に入って使用することにしたとします。もし、そのグリスやオイルが入手できなくなってしまったら・・・と、私の性格上考えてしまうのです。

なので、私はグリスやオイルの音色の違いをあえて考えないようにしています。f(^^;)

ちなみに、トランペットを始めた頃は「どうしてトランペットを吹く人たちは直立不動なのだろうか?もっと動いてパフォーマンスなどしてもいいのでは?」と思っていた私ですが、今では吹くときはやっぱり直立不動です。(笑)

演奏中は唇に全神経を集中させたいですから他のことをやっている余裕がありません。結局、そうなってしまうのですね。

楽器も去年ぐらいからスライド管が抜けないように水平に構えるのが習慣になりました。(ただ、”なんちゃってダブル・ハイ・ド”を出そうと試みるときにはベルをけつこう下げ気味にした方が出しやすいみたいです。この辺はまだまだ研究の余地がありますね。)


いや〜、今日はちょっと寒かったけど理想的な花見日和でしたねぇ。明日は気温20℃ぐらいになるそうです。いよいよ春本番ですな。

 



2012年4月14日
YAMAHA Silent BRASSでの録音



4月、学校では新学期となる季節ですね。吹奏楽部などに入部してこれから管楽器を始める人も多いでしょうな。

そこで、誰しも自宅での練習用管楽器ミュートとして気になる存在であろう「YAMAHA Silent BRASS」。長らく使っていませんでしたが、私も持っています。

購入前にこのミュートの音はどんな感じなのか気になる人もいるかと思います。確かにこのミュートを使っての演奏はあまり見かけないかもしれません。

自分でもこのミュートは実際の演奏で使えるのか?と思っておりました。とうとう本日はそれを試してみたいと思いマッスルよ!


YAMAHA Silent BRASS

このミュートの形状を見ると「トップをねらえ!」に登場する
”バスターマシン3号”を彷彿してしまうのは私だけ?(^^;)
本日の課題曲は名作ゲーム「ドラクエ3」の「おおぞらをとぶ〜FLYING IN THE SKY〜」です。

現在、TVゲームなどもうほとんどしなくなってしまって長きになる私ですが、高校に入るあたりまではものすごく好きでしたね。

私が中学生の頃発表されたファミコンの「ドラクエ」シリーズは当然めっちゃめっちゃハマりました。ゲームそのものもちろんですが、なんといってもそのBGM
はとても刺激的で魅力的なものでした。

「ドラクエ3」の空上からマップを巡り回るというなんとも画期的で斬新なゲーム性は衝撃的でしたね。その時のBGM「おおぞらをとぶ」は今でも本当に心奪われた超名曲だと思います。

先日、私の部屋にある楽譜を整理していました。音楽を始めた中学時代から気に入った音楽の楽譜や自分で作曲した譜面を保管してあるのですが整理されずの状態でした。

いつかは整理したいと思い立ってからもはや十年以上・・・f(^^;)。少しづづでもやらなくてはとようやくその作業を始めることにしました。

その際、ゲーム音楽の譜面も多々発掘しました。そこで、この譜面も見つけました。いや〜懐かしい。
この譜面、当時友人が購入したBGM集に付いていたものをコピーさせてもらっていたものです。20数年前のコピー、我ながら物持ちが良すぎますな。(^^;)

この譜面を基に打ち込みしてみました。調は譜面通り実音でAm(in B♭ではBm)です。移調しようかとも思いましたが、何気にこの曲のメロディーのレンジは2オクターブもあったのでこのままやることにしました。(8va bassaで上はミドル・ラ、下はダブル・ロー・ラ)

もうちょっと伴奏をゴージャスにすべく、コードを割り出しオリジナル・アレンジでストリングス、ヒューマン・ボイス、ホルンなど追加して音を厚くしてみました。
課題曲


おおぞらをとぶ〜FLYING IN THE SKY〜(ドラゴンクエストIIIより)


使用楽器:XO RV-GB
使用マウスピース:Bach3C

使用マイク:YAMAHA Silent BRASS

演奏時間:1分02秒
録音日:2012年4月14日
(再リミックス日:2012年4月21日)

演奏:ini-T MUSIC SKY BAND
(使用音源:初代 YAMAHA MOTIF-RACK)
久々に使ってみた”サイレント・ブラス”ですが、やはりブレスの抵抗を半端なく感じました・・・

このミュート、自分的にはブレスとピッチのコントロールが大変難しかったです。

アンブッシュアは普段とは全く違うこのミュート用の準備をしなくてはなりませんでした。(出だしの音の”ミドル・ファ#”はいつもの半音上を狙う感じでないと成功しませんでした)

ピッチは比較的有余のあるロングトーンではなんとかコントロールできましたが、短いところでは誤魔化しができませんでした。(汗)

でも、録音はミュート無しのトランペットを吹いているような音に近いですね(若干ホルンが混じっているようなサウンドに感じます)。音だけ聴けばけっこう魅力的なものも感じます。さすがYAMAHAの技術力。

このミュートを使って練習すべきかという回答は私がここで書くことはいたしません。それは、本人が使ってみて考えるべきことだと思います。

もう少し音が大きくなってもいいから息抜けの調節もできたらいいと思うのですけどね。

この名曲、私のこの演奏だけだど忍びないと思いましたので打ち込みのフルート版も用意しました。
おおぞらをとぶ〜FLYING IN THE SKY〜(打ち込みフルートVer.)
 

演奏時間:1分02秒
録音日:2012年4月14日
(再リミックス日:2012年4月21日)

演奏:ini-T MUSIC SKY BAND
(使用音源:初代 YAMAHA MOTIF-RACK)
自分が無我夢中で音楽を追いかけていた頃の譜面を見ただけで、その時の感情が思い出されます。楽譜というのは音だけではなくそういうことも伝えてくれるのですね。


昨日は汗ばむ陽気だったのに今日は肌寒いっすね。





2012年4月21日
プラスチック製マウスピースの考察



金管楽器用のマウスピースは金属製のものばかりではなくプラスチック製のものも存在します。

じつは私も一本持っています。それは、トランペット入門者なら誰しも気になるであろうYAMAHAの練習用マウスピース”YAMAHA TMP-TR”です。
YAMAHA TMP-TR
これは、トランペットを始めた2007年3月に購入していたものです。

これは演奏用としてよりは透明な材質の利点を活かして唇の様子を見てみたいがために試しにと思って買ったものでした。

しかし、透明な割には唇の状態はモヤっとした感じではっきり見えないのよですね。(^^;)

どこかのサイトでプラスチック製のマウスピースは使うべきではないとかみかけたりしていたし、そのころの自分自身もプラスチックのものなど実用マウスピースの選択肢に入らないと思っていました。

そうして、何年も使わずにいたのですがBach3Cを使うようになってから久々に試してみたのです。そうしたら、以前とは全然違う感覚・・・

とても吹きやすかったのですよ!プラスチック製のマウスピースについては賛否が分かれると思いますが私的には「全然あり!」と思いますね。

本日は、いつか書こうと思っていた”プラスチック製マウスピース”について書いてみたいと思います。

真鍮をはじめとする金属とプラスチックの大きな違い
、それはまず硬度の差でしょう。当たり前ですが金属はプラスチックに比べ大変固い。逆に言えば、プラスチックの方が断然柔らかい。

プラスチック製のマウスピースはその柔らかい素材ゆえ唇の振動を柔軟に受け止めてくれるのです。

金属製のものは硬くて振動がしがたいので、唇の振動をロス少なく音のエネルギーとして楽器本体に伝えるので音量が大きく出せます。

一方、プラスチック製のものは柔らかくて、本来楽器に伝えるべき音のエネルギーを若干マウスピースの振動として吸収していまします。

その分、音量は小さくなりダークになってしまいますが、肯定的に捉えると金属製のものより些細な振動も拾ってくれやすいといえます。

YAMAHAのスチューデント・モデルのトランペットにはYAMAHA 11B4というマウスピースが付属しています。

このマウスピース、自分が今まで使ったものでも音の出しにくさはかなりワーストに入るものです。音が止まってしまうという現象が結構起こるのです。

何ででしょうねぇ・・・もちろん、この付属のマウスピースを使ってなんの問題もなく演奏をしている人も多いかと思います。

しかし、せっかくトランペットを始めるも楽器に付いていた11B4を疑問もなく使いながら、うまく音が出せず「それは自分の実力が足りないせい」とマウスピースを替えるという発想を持たず使い続け、その結果「自分はトランペットには向いていない・・・」と挫折してやめてしまう人も結構いるのではと思ったりします
・・・

私なりには、挫折しかけている人達にやめてしまう前に一度このプラスチック製のマウスピース”TMP-TR”を試してみたらと言ってみたいと思っています。

このTMP-TR、自分の試したマウスピースの中でも音の出しやすさはベスト・ランクに入ります。(しかも、お値段はリーズナブル)

現在Bach3Cを使っている私ですが、TMP-TRは普通に吹けます。吹き続けても演奏不可能状態にはならないし高音も問題ない。

音の出やすいプラスチック製のマウスピースで演奏できる感覚をつかんでから金属製に乗り換えてもそんなに違和感なく移行できるのではと思います。

野球で例えると、ほとんどの野球少年は小、中学では軟式野球で軟球を使ってやっていると思います。そこで、高校に入ってから硬式野球部に入部するとします。初めて硬球を使うときボールの感覚はまるで違っていてもそのギャップを埋め合わせるのにそんなに時間はかからないと思います。

それはボールの材質がどうのこうのより、今まで培った軟球でのプレイセンスを硬式でも流用することによりカバーできるからだと思います。

プラスチックでもなんでも音が出やすかったらとりあえずそれで”感覚”を培えばいい。その後のことはいくらでも修正が効くと思うのです。

TMP-TRで演奏で出来るようになったのならばバックの7C、5Cあたりへの乗り換えはスムーズだろうと思います。TMP-TRは3Cを使っている私でも使えるので3Cも選択肢に入るかもしれませんね。(1Cは分かりませんけれど)

もちろん、これからトランペットを始める人にプラスチック製のものから始めるべきとは言うつもりはありません。でも、挫折感で満たされたままやめてしまうぐらいなら一度試してみる価値はあるのではと言いたいのです。

ただ、吹奏楽団などに所属していた場合にアンサンブル的に音が合わないから使わないでくれとも言われる可能性はあるかもしれませんね。「自分よりアンサンブルを取るか、アンサンブルより自分自身か?」という葛藤を生むかもしれません・・・

でも、私的にはプラスチック製のダークな音色はソロ楽器としてはけつこう魅力的です。ケーリーなどプラスチックで色んなサイズ、カラーでバラエティー豊かですよね。いつか試してみたいと思っているのですけど、なかなか実行いたしていません。f(^^;)

YAMAHAも色々出してくれたらいいのにと思うのですよね。(せめて色付きだけでも)

なんだかんだ文が長くなってしまいましたが、本日プラスチック製マウスピース”YAMAHA TMP-TR”で録音を試みてみました。

RV-GBにYAMAHA TMP-TRをパーチャク!!(^^;)
今回も「おおぞらをとぶ」を演奏してみと思います。先週のサイレント・ブラスの演奏録音で何か後退していると思われたくなかったので”TMP-TR”で挽回を図ってみたいと思い立ちました。

今日は自宅でのミュート無しの録音を敢行してみました(゚ロ゚;)。いくらプラスチック製で音量は若干抑えられるとはいえタイムリミットは20分。なんとか録れました。
課題曲


おおぞらをとぶ〜FLYING IN THE SKY〜(ドラゴンクエストIIIより)


使用楽器:XO RV-GB
使用マウスピース:YAMAHA TMP-TR

使用マイク:SHURE SM57

演奏時間:1分02秒
録音日:2012年4月21日

演奏:ini-T MUSIC SKY BAND
(使用音源:初代 YAMAHA MOTIF-RACK)
どうでしょうか、プラスチック製のマウスピースの音。そう言われなければ全然わからないと思います。

Bach3Cに比べればやはり小さいカップなので感覚の修正はしなくてはなりませんが、ブレスのコントロールは金属製のものよりしやすく感じました。

ええと、先週の録音ですが音量が少し小さめと思いました。あと、出だしがいきなりだと自分でもビックリしてしまったのでf(^^;)、今回同様ハープでのイントロをつけて再ミックスダウンで再Upさせて頂きました。

結構気を配っているのですが録音の仕上げの音量は日によってかなりバラつきがあるのです。これだけは、永遠のテーマかもしれません。(-"-;)

お詫びを兼ねて前回のフルートと今回のTMP-TRの録音の共演版もご用意しました。
前回のフルートと今回のTMP-TRの録音との共演版
「おおぞらをとぶ〜FLYING IN THE SKY〜」
個々に違う音色の楽器がユニゾンをするとまた新たな音色に聞こえたりする。面白いですよね。




2012年4月29日
音が出しやすかったマウスピース



先週プラスチック製マウスピースは音が出やすいと書きました。では、金属製のマウスピースの中で自分的に音が出やすいと思えたものはどれか?

私が入門者でも比較的音が出しやすいのではないかと思っているものはBACH 10-1/2C(新刻印)ですね。

リム内径が15.9mmと数字上は小さく思えますが、実際口に当てた感じは7Cよりは大きく、3Cよりは若干小さいぐらいでしょうか。(自分唇的主観調べ)

たっぷり息が入って唇が振動しやすいと感じます。一時期、BACH 10-1/2Cをメインにしょうかと思ったこともありました。

でも吹きやすいのに、どうしても「なんか違うんだよなぁ・・・」と感じていたのです。なんというか、「MAXではない」という感じでしょうか。

「MAXではない」というのは、上手く言えないのですが「その時点で持っている自分の技量を吹きやすさと引き替えに一割引かれてしまうような感じ」と言う感じでしょうか。

何か音にピッチ等の安定感を得にくい印象です。サウンドはクラシック、コンボ・ジャズ用というよりビックバンド向きと感じました(ピッコロ・トランペット用というイメージもできます)。

ただ、音自体は大変出しやすいと思いました。自分的にはYAMAHA 11B4よりは、はるかに入門者に向いていると思えます。

私といえば、吹きやすいと感じたSchilke10A4aと出会ってバテずに曲を吹き切るという”感覚”を培いました。そして、ようやく「音を鳴らす」の次のステップに進めました。

しかし、Schilke10A4aは誰にでも吹きやすいと勧めることは出来ません。このマウスピースで誰もが簡単に音を出せるとは思えません。自分が使えたのはその時の自分のイメージしていたトランペットの理想のマウスピースにビンゴしたからです。

でも、私はSchilke10A4aを使うのを断念しました。その大きな理由はアドリブする際に安定感が得られなということでした。

Schilke10A4aのサウンドは自分的には非常に魅力的でした。しかし、浅いカップ故ピッチの安定が難しかった・・・

例えば、楽譜に書かれている決まったメロディーをそれなりに練習をして吹くには全然問題はありません。何度も吹いてフレーズを覚えてしまえば音のイメージが作れそのまま出せば良いのです。

しかし、アドリブというその場で思いついたフレーズを吹こうとするとき不都合が出てしまうのです。アドリブの時は音のイメージが追いつかなくても、とりあえず合っているだろうと思う音を出さなくてはなりません。

しかし、Schilke10A4aぐらい浅いカップだと音のイメージが曖昧だと出す音もそのまま曖昧に出てしまうのです・・・

それなりの深さのあるカップでは音をイメージしていなくてもとりあえず吹けば何かしらの音階上の音に吸い寄せられます。

「音色か、安定性か?」という選択で私はBach3Cにたどり着きました。しかし、Bach3Cで完全に満足しているかというとそうでもない。「無難に使えているのならこれでいいのかも。でも、まだ他にもあるかもしれない。」と心の片隅にはいつもあります。f(^^;)

マウスピース選びは本当に難しいですね。ある人には理想的であっても他の人には理想ではないかもしれない。理想のマウスピース探しの旅に終わりはない気がします・・・

あんなに吹きやすかったSchilke10A4aも現在の自分ではまともに吹けません・・・

しかし、その時は10A4aと言う自分なりの吹きやすいマウスピースを見つけられ前に進めました。やはり、吹きにくいマウスピースを使い続けるよりは近道だったと思います。

私の書いたことも一人のトランペットをやっている人間の一つの感想であって誰にでも当てはまるとは思っていません。参考ぐらいに思っていただければ幸いと思います。







BACK   <<    2012-04   >>   NEXT
inserted by FC2 system