Top about this site Profile BBS Mail Link
トランペット奮闘日記 トランペットのしくみ 音楽りろん講座 所有楽器の間 blog




2012年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
back next

<< 日記index >>


トランペットの音域表


2012年9月14日
ジレンマ



9月に入りしも、まだまだ残暑きびしいですねぇぇ。
(--;)

最近は早朝などは若干秋ら しい涼しさも感じられるようになりましたが、まだまだ日中は汗が噴き出る陽気。もう、9月も半ばだというのに・・・。今日も、北海道ですら30℃超えていた所もあったようですね。

こう暑いと、私的には何故かナスビを無性に欲してしまうんですよねぇ。焼き茄子、煮茄子、茄子カレー(お米の代わりに茄子というぐらい)と毎日のようになすび三昧で過ごしています。

でも、最近は茄子の価格流動が激しいですね。一週間前は一袋4本で158円ぐらいだったのに今日は198円ぐらいになってました。

そんな中、バラ売りの方がお買い得でした。そこで目が行ったのが”ベイナス”。とにかくデカい(笑)。一本でもいつも買っている一袋4本分に相当しそうなボリューム(約400g)。それで一本138円。3本購入です(2日分)。

「あっ、これはあれに非常に似ている気が・・・」

このフォルムを見ているとトランペットをやっている者としてつい、いけない妄想をしてしまうのです。

そう、それはYAMAHA Silent BRASS!

茄子の主要成分の75%は水分だという。「この茄子をトランペットのミュートに使用したらさぞかし水々しいサウンドがするのでは!?」(@o@;)

いちおう、まず記念写真。(何故?それはやってみた
かったから。笑)

貴重なマウスピースとサイレント・ブラスと茄子とのスリーショット!
※撮影後、番組スタッフ一同で美味しくいただきました。(^^;)
しかし、この巨大ななすびはトランペットのベルにはめるにはあまりにも太過ぎた・・・

「トッ、トランペットではなくフリューゲル用だったら、もしかして・・・!?」(@o@;)

※このあたりで”ini-T妄想劇場”は強制終了ということで。f(^^;)

しかし、なすびのフォルムも管楽器に通じる可愛らしさがありますなぁ。ギザカワユスなぁ〜。


さて、トランペットの近況です。

じつは、先月はあまりの暑さと考えることがありトランペットの練習は数日程しかしていませんでした。

9月に入り3週間ぐらい振りに練習を再開しました。練習をしてなかったわりには通常アンブッシュアでもハイ・ソ#までは出すだけなら出せるようです。

しかし、YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZを使い始めてから気になっていたのは「音色のフニャフニャ感」でした。

BOBBY SHEW-JAZZに出会ったことで日による高音域の安定感はかなり得ました。比較的、調子の悪いと思われる日でもハイ・ミは出せると思います。

しかし、”高音の出しやすさ”と引換に”音色の安定性”が天秤に乗っている感じでしょうか?

自分の中では、YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZでは今まで試したことのない”唇の柔らかい部分だけで立っている”という感覚の奏法。それはまるで「生まれたての子鹿がプルプルしながらも一所懸命に立とうとしている姿」にもダブって見えるような・・・

「高音は今までないぐらい出しやすいが音色はプルプルのバンビ状態」の”かかとを若干浮かせて立つような奏法”か。or「高音への希望はある程度諦めて安定している音色を奏でられる」”先端フック奏法”か。

これが、現在の私が直面している最大のジレンマというフェイズなのでありましょうな。






2012年9月23日
久々、通常アンブッシュアでのハイ・G



いや〜、今日は本当に涼しかった!

なんでも、今年の猛暑は30年に一度級の壮絶なものだったようですね。ようやく、連日の猛暑から開放され待望の秋がやって来た感じです。

でも、いきなりここまで涼しくなると、なんだかついおとといまで汗だくの暑さだったことすら遠い日のように感じますなぁ。(笑)

今日は待望の秋の訪れを記念して久々に録音をしてみようと思いました。(涼しいからトランペットを吹いても汗だくにならないのでモチベーションが上がりマッスルな。f^^;)

BOBBY SHEW-JAZZを使い始めて3ヶ月が過ぎ、さらに自分なりの高音の何か効率のいい吹き方を掴んできたような気がします。

そこで、本日はBOBBY SHEW-JAZZでダブル・ロー・ソからハイ・ソまでを通常アンブッシュアで音階を上がっていくということに挑戦してみることにしました。

ようするに、3オクターブにわたるGメジャー・スケール(inB♭)を奏でようとする試みです。

でも、ただ音階を演奏してもつまらないと思いまして、
ジャズ風な伴奏カラオケをBAND IN A BOXで生成させて合わせてみました。

いちおう、演奏した(したかった?)フレーズの譜面も用意してみました。

課題曲


G major Scale (Double Low G to High G)(inB♭)


使用楽器:XO RV-GB (with Chi-Chi-Song)
使用マウスピース:YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZ

使用マイク:SHURE SM57

演奏時間:23秒
録音日:2012年9月23日

伴奏:BAND IN A BOX 19
G majorScale (LowG to HighG)
ただの平凡な音階でも吹き方を変えればメロディーにもなるのです。練習は楽しくしましょう!
\(^o^)オー

しかし、いちおうは出せてもメロディーに使おうとするとハイ音域ではかなりもたれ気味になってしまうのでありました・・・(ラストは譜面通りではありません-"-;)

それでも、突発的にハイF、ハイG(inB♭)あたりを跳躍でキメるということは以前よりはるかに確実性が増しているのは実感できます。

現在時点で、YAMAHA BOBBY SHEW-JAZZの可能性に頭打ちは感じてはおりません。まだまだ、研究の余地があると思えますね。







BACK   <<    2012-09   >>   NEXT
inserted by FC2 system